紺野’sブログ

。考えている事の吐き出し用に。テーマとしては暗いものが多いです。

進路関係の事

  昨日ぶりになりますね。こんにちは。今日は時間が空いているので昼の時間帯に記事を書いています。やるべき事はあるんですがその前に何か書いておこうかと。言い訳ですよね。はい。

 

 普段は青い鳥で趣味関係について呟いていることが多いのですが、もともと小難しいことを考えるタイプの人間なのでそういった点ではブログのほうが自分の気持ちを素直に吐き出せるのかなあと思っています。140字だと書く内容も限られてしまいますし。

 

 自分が直接不快にさせた相手でなくても、それには関係していてイマイチどう関わっていいのか分からない場合もありますよね。怒られるというわけでもなく普段通りの接し方であるから、こちらも普段通りの接し方をする。でも心の中では相手はどう思ってるんだろうというところを気にして不安になってしまう。

 

 こちらがそういう考えばかりを持っていてはダメな部分もありますがね。今回も前置きが長くなりました。というか、毎回長くなると思います。恐らく。

 

 今回は進路についての話です。なんというか、この年になってくると、ふと自分の人生を振りかえって色々考えるということが多くなったような気がします。自分の進路ってこれでよかったのかな…などと。

 

 受験時代にはいい思い出がありません。というのは、努力を怠ったがゆえに第一志望の進路に行けなかったという経験があるからです。受験を突破するためにはそれなりの努力が必要であるとはよく言われますが、どうやらそれがあまりできないようです。要するに”ハードルが高すぎる”ということなのでしょうかね。

 

 たしかにそれもあると思います。もともとあまり要領は良くないほうで、それと同時に詰めが甘い部分もありました。それが最大の経験であるかもしれませんね。

 

 失敗はしたけれど、そればかりではなくて進学先で新たな事を学んだり新たな人と出会って交流を深めたりと楽しい部分もありました。今でもいい思い出だったなあと思っています。そう考えると進学先が悪いものであったという事は言い切れません。

 

 しかし、やはり年数を重ねる同時にやるべき事も増えてだんだん忙しくなってきます。忙しくなってくると目の前の事から逃げたくなってくるんですよね。そして違う方向へと関心を向かわせてしまう。これも、自分の甘さの一つなのではないかと思っています。

 

 甘さも度が過ぎると周りにまで迷惑をかけてしまう。そしていつしか自分自身も破滅の道を歩いてしまうのではないか…そう考えると恐ろしいものです。甘えてばかりではいられません。そう考えると、やはりメリハリをつけてしっかりとやっていかなければならないなあと思います。とりあえず詰めが甘いところから直すようにしたい。うん。そうしよう。

 

 ところで二週間後にテストがあるんですが、全然やる気が沸かなくて趣味の方に頭が向いてしまっているんですよね。これはまずい。いや、先週は気分が落ち込みすぎて何も考えられなかったからそれはそれでいいのか…?いや、それにしてもこれは非常にまずい。

 

 いつも実生活でもやもやと考えた事ばかり書いていますが、趣味の事で何か考えた記事もいつか書いてみたいです。

 

 もやもや考えた文章しか書けないのは、根が根暗ゆえ。パーリーピーポーだったらこんな文章すら書いていないんでしょうかね。たまに考えます。

 

 では、今日はこの辺で。