紺野’sブログ

。考えている事の吐き出し用に。テーマとしては暗いものが多いです。

副作用

 こんばんは。前回の記事を投稿して5日ほど経過しました。いや、夏真っ只中ということで毎日すごく暑いですね。クーラーをかけず扇風機だけで過ごしたり窓を開けて網戸にするというだけで過ごしております。暑いですとても。ここ数年間で分かった事は、自分は夏が苦手なんだなあという事です。いや、もう本当に頭がしんどくなります。秋がくればもう少しマシになるのでしょうか…。

 

 今回は「副作用」についてです。

この言葉自体はこの記事では比喩として使う事にしています。

 

 なにが副作用なのかというとですね、最近思ったんですよ。

「あの時あんな行いをしなければよかった、悪い事なんかするべきじゃなかったのに。」

 そんな後悔から生まれる罪悪感っていうのはすべて行動から生まれた「副作用」そのものではないのだろうかと。

 

 では、ここから自分の考える「副作用」について掘り下げていきたいと思います。

原因となる行動は大きく分けて「よかれと思ってやった事」「悪い結果を招く事を想定していたにも関わらずやってしまった事」の2つに分ける事ができます。

 

 自分はどちらもあります。後者は一般的には「罪悪感」と呼ばれがちですが…。

罪悪感ってだけでは足りないような気がしたんですね。

 

 自分は酷い事をされた人間であると同時に酷い事をした人間でもあるんですね。

そういう人間であるからこそ許されるべきではない部分があるし、単に被害者ぶっているというだけではいけないという部分があると思います。それは当然です。

 

 相変わらず前置きが長いですね。というか、最近長文を打ってこなかったので前よりも劣化してしまったような気がします。

 

 それはさておき。先ほど述べた2種類の思いに基づいて人間は行動してるんじゃないかなあと思います。動機がどちらであったにしろ悪い結果を招いているという事には変わりがないですね…。

 

 よかれと思ってやった事だった。それは自分自身に対してストッパーをかけるため。しかしそれは結果として悪い事へ繋がってしまった。そんな事がよくあります。その選択をしなくても悪い事は起こっていたかもしれないですがね。でも選択をした事によってそのような悪い事が起こってしまった…ぐるぐる考えてしまいますね。それの繰り返しになってしまいます。終わりなきループ。

 

 別の道を模索しようとしても、どうしても未練を断ち切る事ができずに半ば前にいた道に戻ってしまう。そのままずるずると続けてしまう。本当はやめるべき事だったのに。でもそれが完全に悪い道であるという事でなければそのまま続けていってしまう。それが人間の性というものなんでしょうかね。自分自身がこのような性格であるという事ももちろん言えますが。

 

 つまり何が言いたいのかというと、その時もろに苦しまなくても後からじわじわと自分に対して罪悪感を感じていくことこそが「副作用」なのではないかと。

 悪い事をしたらその報いが必ず帰ってくるという意味で使われる「因果応報」よりは軽いイメージですかね。

 

 なにかをして結果的に良くない結果に結びついてしまった、しかしそれは大きくバッシングを受けるというものではなかった、だからその環境に甘えてしまうという結果を招いた、しかし自分の意識の中では確実に何かが壊れていってしまうような気がした。

 

 自分の意識が壊れていきながらもそこの居心地の良さから離れる事ができない。だから副作用が起きる。そういう感じなのかなあと思います。

 

 傍から見ると考え込み過ぎているようにも見えますよね。実際にそんな部分もあると思います。考えすぎて頭の中がごちゃごちゃになってしまうという現象。

 

 でもちゃんと考えたり向き合っていかないといけない部分もありますからね。そこらへんの折り合いは大切なのかなあと思います。プレッシャーでつぶされない程度に生きていきたいものです。

 

 長くなりましたが今日はこの辺で。自分自身「副作用」に対するイメージはそれなりに持っていたつもりですが、いざ書き出してみると文章がまとまっておらず、かなり分かりづらい内容になってしまったと思います。すみませんでした。

 

 

 

情熱と青い鳥

 こんにちは。本日二本目の記事になります。なんで長文を書いてるんだよ。他にやることあるんじゃないのかよ。と自分にツッコミを入れながらも長文のブログを書いてしまいます。ダメだこりゃ。

 

【補足】

  2週間か3週間くらい記事の下書きを放置していました

 

 今回は青い鳥とそれをやる情熱に関する話題です。

 

 前の記事でも同じことを述べましたが、自分はオタクです。同じような趣味の方と繋がりたいと思ったのが、青い鳥をはじめるきっかけでした。

 

 青い鳥をやっていると現実世界では分からない様々な事を知ることができますし、またやっているなかで仲良くなった人も何人かいて本当に楽しかったです。

 

 でも、その情熱も長くは続かないんですよね。

 

 もちろん青い鳥は今でもやっています。でも、元から情緒が安定していないので突発的に不安になったりとかそういうのもあるんですよね。

 

 あと流れる情報にはいいものばかりじゃないので…それを見て落ち込む事とかも多いですね。今では大分慣れてきて情報の取捨選択等もできるようになりましたが。

 

 あと自分より絵が上手い人を見るとすごいなあと思う反面嫉妬してしまう。あるいは、同じジャンルであるのに考え方の違いからあまり馴染めなかったり。そういう経験もありましたね。

 

 アカウントも2回移動して現在3回目になってますし。1回目はただ単に移動しただけですが、2回目は辞めようと思って消したのに数ヶ月してアカウントを新しく作っちゃったっていうのがありますね。前に繋がりがあった人とも何人か繋がりはありますが。いや、辞めようと思っても辞められないです。

 

 ただ、気分が乗らなかったりする時はTwitter離れたりもするんですがね。正直に言う今も辞めたい衝動に駆られたりしてるんですが、アカウント消してもまた戻ってきそうです。多分それの繰り返しです。だから、気分の乗らない時は見なかったりログアウトして対処するしかないのかもしれませんね。

 

 2年とちょっと青い鳥をやってきて分かったことは、「好きでやってる事でも時に不調になることもある」ですかね。

 

 不調になるのは様々要因があるんですよね。今回はまた別の事で不調気味になりました。全く青い鳥に投稿をしていないというわけではありませんが。

 

 すごく好きだったものに対する熱が突然冷める時ほど怖いものはない。自分に限ってそういうことは起こらないだろうとずっと思っていましたが、ある時から好きだったもののことが全く考えられなくなって不調になりました。

 

 一時的なスランプのようなものでしょうかね。もうオタクをやってきて五年目にはいるのですが、やはりそうした中では何らかの不調が起きてもおかしくないような。いや、色々とショックな部分がありましたね。嫌いになったわけでもないのに。

 

 そういった状況に陥ってしまった場合は、時が解決するのを待つしかないんでしょうね。時間が経つとまた別のものを好きになる。自分はその繰り返しをずっとしているから。きっとそんな感じになるんだと思います。

 

 ぬるぬる楽しんでいけたらいいなと思います。マイペースに。

 もう3回目ですし、3度目の正直ということでアカウント移行等は考えてないですし。

 青い鳥ライフ満喫のためにはゆっくり楽しむのが必要なのかも。

 

 少し長くなりましたが、今日はこの辺で。

 

雑食かnot雑食か

 こんにちは。最近は毎日更新しているような気がします。他にもやることがあるはずなのになぜかブログが捗ってしまう。そんな感じです。いや、駄目じゃないか。

 

 今日は趣味関連の話題をしようと思います。…といいながら、色々考え込んでるのはいつも通りなのですが。

 

 青い鳥でも活動をしているとこれまでに何度か書きましたが、青い鳥ではいわゆる”オタク”として活動しています。

 

 いや、元々はオタクではなかったんですがね、周りの人の影響を少しずつ受けてそれから独自の道を探りはじめてオタクになった者です。ただ、現実世界で語れる人がいなかったため青い鳥をはじめたというのがありますがね。

 

 さて、前置きが長くなりました。今回の題名は”雑食かnot雑食か”です。そもそも雑食というのはオタクの世界でいうと、男女の恋愛、男性同士の恋愛、女性同士の恋愛、エロ、グロなど、好きなものが広範囲に渡る人のことであると自分では捉えています。

 

 自分はどちらであるのかと言うと…

 

 not雑食ですね。

 

 「このジャンルにだけはどうしても触れられない」などといったものは特にないのですが、それでも、広範囲に渡るものをすべて愛するという事はしていないような気がします。解釈は自分の脳内で色々繰り広げる傾向はあるのですが。

(以下、略称を使わせていただきます)

 自分の傾向についてですが、一番話題にするものが男女CP、次いで百合であり、薔薇はあまり話題にしないですね。

 

 また、エログロで言うとエロ方面に傾きやすいです。バッドエンドは嫌いなわけではなく好きなものもありますが、あからさまにぐちゃぐちゃした表現があるものは苦手ですね。あと打ち切りでバッドエンドになったものとかも…1回経験したことがあるのですがあれは本当に悲しかった…。

 

 その他に筋肉質よりひょろっとしたほうが好みだったりしますね。あと、一番語るのは男女CPであると先ほど言いましたが、少女漫画っぽいものよりかは、捻ったようなものが好きだったりします。

 

 公式CPを好きになる機会が少ないので、原作の中での絡みを見て妄想を膨らませたりという事が多いです。原作でフラグが立ちそうな展開が来たら荒ぶりますがね。荒ぶります。

 

 すべてを男女CPの視点で見ているわけではないです。男女間であっても結びつきや思いの強さがあまり感じられないな、とかなんだかしっくりこないな、ということもあるからです。

 

  つまりは色々とめんどくさい人間であるというわけです。

 

 青い鳥をやってますが自分と同じような趣向の人がなかなかいないなあと感じるような気がします。あまり大手ジャンルに手を出さず、ひっそりと活動しているというのもあるかもしれませんが。これも趣向です。つまりはレアケースなのかも。

 

 青い鳥をやっていると様々な情報が流れて来ますし、実際に雑食だという人もいるわけで。そんな中自分はレアケースでしかも偏食であるというのはいいのだろうか。許されないことではないのだろうか。と思ったりしますね。自分は視野が狭い人間なのかなあと不安になってた時期もありました。

 

 でも、そんな事はないとある時気づきました。好きなものを追い続けていくというのは自然であるし、あまり肌に合わないなと感じたら避けてしまう。それが自然なことではないのかと。

 

 このことから、雑食であるかないかの違いは、「ストライクゾーンが広いか狭いか」ということにではないかという結論に至りました。それ自体は全く恥じるような事ではありません。だって人の嗜好なんてそれぞれだもの。気にする必要なんてないはず。

 

 ただ注意しなければならないのは、違う領域のもの同士がお互いの領域に土足でズカズカと入って行くような行為をするということですかね。「お前の解釈は違う!こんなのは間違いだ!」などと言ったふうに。

 

 違う考え方をしているのだからそこで異なるものが生まれるのは当然ではないかと。そういう事をしてしまったら余計な争いしか生まれません。それはとても悲しい事であるはず。

 

 自分は「雑食でない」という認識を持っています。無理に人に合わせたりせず、また人の領域に土足でズカズカと踏み込んだりせず、自分の領域でゆるゆる活動していくということを大切にしていきたいです。

 

 雑食かnot雑食かの話はもしかしたらまたするかもしれません。その時はpart2の題をつけますね。

 

 では、今日はこの辺で。

電話で相談をした事

 こんばんは。昨日ぶりになりますね。今日は珍しく早起きしました。6時起床です。…というのは昨日寝るのが早かったからです。いつもは遅いのですが。基本的に夜型人間です。でも朝早く起きるのもいいものですね。

 

   早く起床した後、洗濯物を畳んで出発時間まで趣味である絵を描く作業をしてました。久しぶりに趣味に多くの時間を割くことができて楽しかったです。やっぱり自分が没頭できる、楽しいと思える趣味を持つということは大切なのかもしれませんね。趣味に割く時間というものはとても楽しいですし。

 

 そういった感じで朝はわりと楽しい時間を過ごすことができました。しかし日が経つにつれ心がもやもやとするように…。というのは、気がかりな事が複数あったためそれらの要因が絡み合って悩んでおりました。

 

 自分の失敗のせいで不快な思いをさせてしまった人がいるという事、あの時あんなことをしなければよかったのにという後悔、自分は物事に関する詰めが甘くて抜けてしまうことが多い、自分は失敗ばかりするからなにもできない、以前はあった物事に対する情熱を失ってしまった、自分を責めてばかりで嫌気が指す…などなど。

 

 マイナスな感情ばかり頭の中に浮かんでいました。…というのは先週が絶不調だったためまだ完全に立ち直ったわけではないという事なのかもしれませんね。

 

 かなりもやもやしてたので、その時は今よりも荒んだ感情を持っていました。

 

 しかし、とある知り合いと電話で話をした事によって変わりました。

 

 落ち込んでいる時、うまくいかない時の状態から抜け出すための一つの手段として「誰かに相談」というものがありますよね。今日は相談して本当に良かったなあと思っています。感謝です。

 

 電話をしている中で、相手に現在抱えている漠然とした不安やうまくいかないという事を伝えました。相手はそれを静かに受け止めてくれていました。そして、以下のような事を言われました。

 

 ・周りを見渡せばあなたが悩んでいない事で悩んでいる人もたくさんいる

 ・失敗した事は紙に記入する。そして次に繋げる

 ・今はまだ時間に余裕があるからそう思うのかもしれない。時間に余裕がなくなれば

  悩むことも減るかもしれない

 

 本当にその通りだなあと思いました。悩んでいる時は視野が狭くなるとはよくいったものですが、本当にその通りですね。その考えを大切にしてこれから生きていきたいなと思いました。…本当に根っこの部分がネガティブなのでまた立ち直れなくなってしまうかもしれないですがね。…まあ無理しない程度に頑張りたいなあと思います。

 

 日中は頭にあまり入らないながらも一応勉強はしていました。でも帰宅後は全くなにもせず。それどころか青い鳥内で色々と検索をかけてだらだらとしてました。おい。

 

 そうした状況でありながらも何か記事を書きたいなあと思ったのでブログを開いて記事を書いていました。最近はブログで長文を書くことが日課であり、同時に精神安定の役割を果たしている部分があるなあと感じます。病んでいる時は思考回路があれこれと働いて、いろんなことを考えてしまうということがあるのでそれが原因であるのかもしれないです。病んでない時でも考え事をしている時はありますが。そんな記事も書いてみたいものですね。昨日も同じ事を言ったような…。

 

 そんなこんなで勉強が進んでいない部分があるので少し危ないかもしれないなあと。早めに取り掛かったほうが成果が現れるはず。でも趣味も平行してやりたい!!

 

 …欲張りだなあとしか言えない意見ですよね。本当にどうなる事やら。

 

 いつもの記事より長くなりましたが、今日はこの辺で。

 

後悔してる事

  こんばんは。本日二回目の投稿になります。勉強がまあまあ捗ったので休憩を兼ねて何か書こうかと思いまして。といいながら勉強内容もきちんと理解ができたというわけではないですがね。おい。

 

 最近は何かを伝える際には長文で打ち込めるツールの方が向いているなあと思いまして。昔はそうではなかったしむしろ逆だったんですけどね。なんででしょうね。人間は変わりゆく生き物だからですかね。不思議ですよね。

 

 今回は趣味の事を書こうかと思いましたがまた別の機会にします。それよりも書きたいなと思った別のテーマが出てきたからです。

 

 それは、”後悔している事”です。

 

 後悔というのは生きていく中で避けられないものであると思います。「あの時あんな事をしなければこんな事は起きなかったのに」などというふうに。逆に言えば、後悔がなければ失敗から学ぶという事ができなくなってしまうので、人生のほどよいスパイスとしての後悔はいいものではないかと考えたりします。

 

 …まあでも自分はいまだに引きずっているものもあるのですが。

 

 この世の中は良くも悪くも生きづらいです。生きていると色々な壁にぶち当たりますし、様々な人に揉まれてぎゅうぎゅう詰めな状態になっています。言うなれば世の中は満員電車のよう。とても息苦しい。

 

 そんな息苦しい中でさらに息苦しい思いをするのは、それはもう溜まったもんじゃないですよね。それが後悔。自分のした事を自分で悔いる。はっきり言ってしまえばそれはもう自分で自分の首を絞めているようなもの。苦しめているのは他の誰でもない自分なのです。

 

 …でも、そんなこと言ったって後悔している事は簡単には消えませんよね。

 

 人間は時に周りの事が見えずについつい目先の利益にとらわれてしまう事があります。そして欲望に飲み込まれてしまう。それが結果的に自分に大きなダメージとして跳ね返ってくるのです。それが後悔となるのです。

 

 確認を怠っていて詰めが甘い部分があった、目先の物事だけに捕らわれて周りが見えていなかった、その行動が後々どういった影響を及ぼすのかをきちんと考えられていなかった…結果的に後悔へと結びつく事になった原因の一覧です。

 

 かなり昔の事はもう忘れてしまっている部分もありますが、三年くらい前の事はいまだに覚えていますね。それより後の後悔もいくつかあります。

 

 要するに、「時間が解決してくれるのを待つしかない」ということでしょうかね。時間がかなり経ったらけろっと忘れてますし。そういうことなのかもしれませんね。

 

 後悔もある程度は必要であるかもしれませんが、あまり縛られすぎたらその後のことまでうまくいかなくなってしまう可能性があります。

 

 ほどほどにして、反省点は次回に生かすということが大切なのかもしれませんね。…それができるようになりたい人生だった!!

 

 これからはそういう考えを目指していこうと思います。頑張ります。

 

 まあでも本当につらい時は誰かに相談したり何かに気持ち綴ったりと、吐き出せる場が必要になってきますね。無理は禁物です。

 

 ”気分転換”というのも後悔を忘れるための手法としていいのかもしれません。楽しいことしましょう楽しいこと。そうすればいつかきっと気持ちが楽になれるはず。

 

 ネガティブな波とポジティブな波の両方を持っていますが、ネガティブな波の方が強い傾向にあります。

 

 …すべてにおいてポジティブに生きられたらなんの苦労もしないのになあ。

 

 では、今日はこの辺で。

 

 

 

 

進路関係の事

  昨日ぶりになりますね。こんにちは。今日は時間が空いているので昼の時間帯に記事を書いています。やるべき事はあるんですがその前に何か書いておこうかと。言い訳ですよね。はい。

 

 普段は青い鳥で趣味関係について呟いていることが多いのですが、もともと小難しいことを考えるタイプの人間なのでそういった点ではブログのほうが自分の気持ちを素直に吐き出せるのかなあと思っています。140字だと書く内容も限られてしまいますし。

 

 自分が直接不快にさせた相手でなくても、それには関係していてイマイチどう関わっていいのか分からない場合もありますよね。怒られるというわけでもなく普段通りの接し方であるから、こちらも普段通りの接し方をする。でも心の中では相手はどう思ってるんだろうというところを気にして不安になってしまう。

 

 こちらがそういう考えばかりを持っていてはダメな部分もありますがね。今回も前置きが長くなりました。というか、毎回長くなると思います。恐らく。

 

 今回は進路についての話です。なんというか、この年になってくると、ふと自分の人生を振りかえって色々考えるということが多くなったような気がします。自分の進路ってこれでよかったのかな…などと。

 

 受験時代にはいい思い出がありません。というのは、努力を怠ったがゆえに第一志望の進路に行けなかったという経験があるからです。受験を突破するためにはそれなりの努力が必要であるとはよく言われますが、どうやらそれがあまりできないようです。要するに”ハードルが高すぎる”ということなのでしょうかね。

 

 たしかにそれもあると思います。もともとあまり要領は良くないほうで、それと同時に詰めが甘い部分もありました。それが最大の経験であるかもしれませんね。

 

 失敗はしたけれど、そればかりではなくて進学先で新たな事を学んだり新たな人と出会って交流を深めたりと楽しい部分もありました。今でもいい思い出だったなあと思っています。そう考えると進学先が悪いものであったという事は言い切れません。

 

 しかし、やはり年数を重ねる同時にやるべき事も増えてだんだん忙しくなってきます。忙しくなってくると目の前の事から逃げたくなってくるんですよね。そして違う方向へと関心を向かわせてしまう。これも、自分の甘さの一つなのではないかと思っています。

 

 甘さも度が過ぎると周りにまで迷惑をかけてしまう。そしていつしか自分自身も破滅の道を歩いてしまうのではないか…そう考えると恐ろしいものです。甘えてばかりではいられません。そう考えると、やはりメリハリをつけてしっかりとやっていかなければならないなあと思います。とりあえず詰めが甘いところから直すようにしたい。うん。そうしよう。

 

 ところで二週間後にテストがあるんですが、全然やる気が沸かなくて趣味の方に頭が向いてしまっているんですよね。これはまずい。いや、先週は気分が落ち込みすぎて何も考えられなかったからそれはそれでいいのか…?いや、それにしてもこれは非常にまずい。

 

 いつも実生活でもやもやと考えた事ばかり書いていますが、趣味の事で何か考えた記事もいつか書いてみたいです。

 

 もやもや考えた文章しか書けないのは、根が根暗ゆえ。パーリーピーポーだったらこんな文章すら書いていないんでしょうかね。たまに考えます。

 

 では、今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちが浮き沈みしてるような感覚

 一週間ぶりになります。久しぶりにはてなブログにログインして思ったのですが、”はてなブログ”と”はてなダイアリー”に分かれてるみたいですね。用途で分かれるとかそういうものなんでしょうか。前回の記事は”ブログ”のほうに投稿していたのでしばらくはブログの方に投稿したいと思っております。

 

 最初”ダイアリー”の記事の一覧を見ていて「あれ?なんでないんだろう」と思っていましたがそりゃそうだわ…”ブログ”の方に投稿してるんだもの…。

 

 まだまだ仕組みが分かっておりません。

 

 前置きが長くなりました。最近の様子は、以前よりも良くなっていますが、まだ自分の中でもやもやしてる部分はいくつかありますね。自分の周りで起こってる問題が解決したというわけではありませんし。それどころか自分自身を卑屈になってしまってる部分があって。俗に言う”負のスパイラル”ということなのでしょうか。本当に嫌になります。

 

 自分が直接関わってるわけでもないけれど、同じ団体に所属している誰か一人の悪口を聞くというのが昔から嫌いでした。その人が悪く言われるのは仕方がない事なんでしょうが、それでもやっぱり悪口を言う場所をわきまえてほしいなと思います。自分も、悪口を言わないというわけではありませんが。

 

 先週は何をやっても上手くいかなかったです。それを引きずってしまって色々と影響が出ている部分がいくつかあります。

 

 昔から何かしらのストレスを受けたら消化器官に影響するという事が定期的にありました。今回は胸やけです。はじめはストレスが原因のものであるとは考えもしませんでしたが、ストレスが胃酸に影響して起こるものであるという事をネット記事で知り、驚きました。胸やけは前までは夜のみ起こっていたのですが、最近は昼夜を問わず起こるので辛いです。治すためにはストレスをなくすしか方法はないのか…。

 

 自分の気持ちの面では急激に腹が立ったり急に悲しくなったり虚しくなったりします。情緒不安定なんでしょうか。いえ。情緒は元から安定していませんでした。

 

 それに対しては何か自分にとって好ましくない事が起きた時にそうなりますね。今日はノートパソコンで作業をしていた時にパソコンがうまく作動しなくなってその時にすごくイライラしてました。また、作業が終わっても結局自分の案は採用されていなくてそれでまたイライラしてました。理不尽さに腹が立ったのかもしれないですね。あと、機械音痴なんですよ…。以前にもこんなことがありました。

 

 「悲しくなる、虚しくなる」については、以前すごく好きだったものが以前のように思えなくなってしまったという事が影響しているなと感じます。嫌いになったというわけではないです。でも以前のような感情が沸かなくなってしまったというか…。

 

 要するに、「人もモノも、変わりゆくものである」という事でしょうかね。変わることによって寂しいなあと思う部分もあるけれど、変わらなければ前に進めない、成長できない、といったような…。その変化を後ろ向きにとらえてしまっているだけである可能性がありますね。変化を前向きに捉えられる人間になりたいものです。今は辛い部分もありますが。

 

 まだもやもやしている部分はありますが、キリがいいので今日はこの辺で。